2013年06月24日

名残惜しい(田中ゆうこ)

K-BOX company のブログを見てくださってありがとうございます。
前回の公演で演出をやらせていただいていました、田中ゆうこです。
一応旗揚げ当初からのメンバーなのですが、基本スタッフということもあり、
ブログは役者陣にお任せしっぱなしだったので、なんだか緊張するなぁ…

Twitterではちょっとだけ話題になっていたかもしれませんが、
毎年9月に公演を行っている私たちK-BOX companyですが、
今年の公演はお休みすることとなりました。
楽しみにしてくださっていた方がいらっしゃいましたら、申し訳ありません。

立ち上げから4年間、皆それぞれが仕事・学業を抱えながらも、
がむしゃらにひたむきに進んで参りました。
この1年はひとまずペースを緩め、今までのこともこれからのことも、
ゆっくり考えながら進んでいこうとしております。
活動休止したわけではありませんので、今後とも稽古の様子や今後の進展、
それぞれ別の場所で活動しているメンバーもおりますので告知なんかも
お伝えしていきたいなと思います。
思い出したら、ぜひのぞいてやってくださると嬉しいです。

ということで、先日もお稽古しましたよー。

現在の稽古は本読み中心。
最初から最後まで全部通して読むこともありますが、一部分を抜粋して、
配役も毎回変えながら読むことが多いです。
その場で感じたことや考えたこと、疑問に思ったことや挑戦したこと、
意識したことなど、一回読むごとに話し合って、再び読む。
通常なら、1つの作品を何ヶ月もかけて作り上げていくわけですが、
今は、2ヶ月に1作品くらいのペースで取り組む作品が変わっていくので、
毎回新鮮な気持ちだし、チャレンジの連続で刺激的です。
その反面、愛着が湧いてきたと思ったら、新しい作品に変わるのは
ちょっと寂しくも感じます。
もっとやりたかったなーと名残惜しさを感じながらも、
短い期間だからこそ、1回1回を全力で取り組めているのかなとも思うので、
私はこの形式の稽古、気に入っております。

今取り組んでる作品は、ジャンルでいうとコメディ…かな?
作品名は大人の事情で内緒なのですが、一人ひとりのキャラクターが個性的で
面白さに気を取られて、本質を掴むのがとっても難しい…
そして個性的なキャラクターを演じるのは難しい!
今までずっと裏方だった私も、本読みに参加させていただいていますが、
ほぼ演技の経験がない私にとっては、どの役も台詞を読むのは
とても勇気と気合が必要なのです。
先日の稽古には、金田一しおりさん、安部みゆきさん、滝沢恵さん、平井和くんが
参加されていたのですが、金田一さんは何でもできちゃう器用な方だし、
平井くんはまっすぐなお芝居をされる方だし、
安部さんや滝沢さんは個性的なキャラクターを演じるのは大得意な人です。
演じる側を経験して改めて、メンバーの凄さを感じています。
次回も彼女たちの演技を参考に、私ももっと作品と、役と
寄り添えるようがんばりたいなー。


posted by ゆうこ at 21:45| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

むとぅの呟き

DSC_0311.JPG
お久しぶりな登場です(^^)/

ども、むとぅこと武藤紀彦ですよ( ̄▽ ̄)ノ



今日は一ヶ月ぶりに稽古に参加しました。
やっぱり芝居はいいね。楽しいよ♪

前日に知り合いのお芝居観てきてから、うずうずしてたから余計に楽しいわヾ(o´∀`o)ノ



でも、やっぱり素敵な仲間たちとできることが幸せなな気がする。
K-BOXでやれて良かったよ♪

これからも楽しむぞい(* ̄∇ ̄)/



写真はこれからの時期に必須なお水。おや、後ろの方に誰かいますね(笑)
posted by K-BOX company at 17:45| Comment(0) | 稽古日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする